デコ系手帳について思うこと

しばし、手帳界隈が『デコ系VS実用派』で論争が起こることがちょくちょくあります。私は基本的に静観しているのですが、個人的に思う事を書いてみたいと思います。

なぜ「手帳」にデコ?

たとえば、画用紙に描いたら、もうすでにそれは作品でしょう。でも、手帳なら多少失敗してもアップできるような気がします。それは、「手帳」だからです。手帳に描いている=クロッキー(素描)のようにイメージします。毎日1ページなら、なおさら敷居は低くなるでしょう。そして、全て自分のオリジナルでなくてもいいというのがデコ手帳の良さだと思います。マスキングテープやステッカー、日付シートだけでも十分にかわいくできる。その手軽さが受け入れられているのだと思います。

それ自体がセラピーでもある

手を動かしたりすることは、心のセラピーにもなります。無私とは言えないけど、それに近い状態はストレス解消に繋がります。デコに限らずですが、日付シートを貼ったり、無心で何かを行うこと、日常から離れる事、それ自体が意味があることなんだと私は考えています。

ちなみに私はデコはしていません。ちょっとやってみたものの、長続きしませんでした。絵日記もムリでした。今はノートに描きたいときだけ描いています。あと、同人誌を描いているので、見せたい欲求はそこで解消しているのかもしれません。

結局ゴールが違うって話。

実用的に使いたい人は基本的に習慣化していくことがゴールになりますが(詳しくは前の記事参照)、デコ系の手帳の人たちはそれ自体は楽しかったり、作品のようにアップすることが目的なのだから、ゴールが全くちがうんですよね。オフ会などで見ていると、そういう方たちは悩みとかも友達に話して解決されているので、実用的というよりかは楽しみのために手帳を使っているのかもしれません。

SNSを見ているだけではわからない事がありますが、リアルで手帳好きに会うとそういう事がわかったりします。その人があっての手帳なのですよね。やはり現場を見る事は大切だと思います。

はっきり言うと、実用派の人たちの手帳は殆どSNSには上がってこないので見る機会が少なく、その結果デコ派(いわゆる「見せ手帳」)が目立つ→「流行っているようだけど実用的じゃない」という流れな気がします…。まあでも「見せるための手帳」もストレス解消には役立っていると思われるので、完全に実用的ではないとは言い切れない気もしますし、全ては実際の生活がよくなることが目的なのでね。手帳の使い方は人それぞれ。自分は自分、人は人。自分の手帳の使い方が一番!ってみんなが思えるようになったらいいなと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました(*^-^*)!

手帳術って結局なに?

先日、日本手帖の会様主催の手帳夏祭りでバレットジャーナルの入門講座を受けてきました!そこで、世の中で「手帳術」と言われることが、結局なんなのかをなんとなく考えてみました。(なんとなく)

手帳術とは頭の中を見える化して行動へつなげること

世の中に手帳術、ノート術はたくさんありますが、結局は頭の中を見える化して、どう行動に繋げるか、もっと言えばどうやってそれを習慣化するか…ということが大きな目的の一つです。たとえば、バレットジャーナル(以下BUJOと略します)は、どのように頭の中を見える化するかというと、①箇条書きで書き、②「キー」と呼ばれる記号を使って文字を短縮したり分かりやすくする③ノートにページ番号を振り、どんどん書いていく手帳術。特長としては「素早く書く事」を重視していることでしょう。忘れないうちに素早く記録することが最優先となっている手帳術です。

では、他の手帳術ではどうかというと、あな吉手帳では箇条書きで付箋に書きます。CITTA手帳では箇条書きでワクワクリストにやりたいことを書くページが毎月あります。フランクリンプランナーは2分の1ページがタスク欄で隣のページがメモになっているのでタスク以外に考えていることなども十分に筆記できるスペースがあります。

このように他の手帳術と比べてみると、箇条書きで書く事は他の手帳でもやっていることが分かります。キーについても日本の手帳術にも記号化して短縮すること自体は珍しい術ではありません。ただ、『素早く一秒でも早く記録する』という目的の手帳術は初めてみたかな~という印象。(そんなに手帳術に詳しい方ではありませんが…)ビジネス系のすぐやる技術やノート術にやっていることは近い気がしましたね。

手帳術を比べてみると個性が分かる

てなわけで、どうやって頭の中を「見える化」するか、それをどうやって行動に繋げていくかの方法が大体の手帳術では紹介されています。また、それの応用で『いつまででも出来ないタスクはどのように捌くのか』なんかも比べてみると面白いです。

今回はBUJOが入門講座だったのでわからずでしたが、「タスクを細分化する」とか「日付を入れる」という『Howto』で攻めるのか、「be-do-haveで考える」などの「なぜ出来ないのか」を考える『Why』重視なのか…?どのようにアプローチしていくのかでその手帳術の個性が出てきます。もちろんどれが正しいというわけじゃなくて、いろいろな方法を知っておくことは自分の幅を広げることに繋がります。そして、どの方法があっているのかは自分の性格にもよると思いますので、可能であれば全てやってみてもいいと思います。

結局「見える化」できればやり方が違っていても大丈夫!

どうでしょう。結局方法は方法でしかなくて、100%同じようにできなくても、「頭の中が見える化」できて、行動できていればいいわけなんですね。新しい手帳術が出ると、「私にはできない」って方が出てくると思うのですが、ちょっとラクになったでしょうかね~?

各手帳術にはそれぞれ本が出ているので、その本を教科書のようになぞってそのままやってみるもよし(初心者の方におすすめ)、各手帳術の違いを比べてみるのも楽しいし、ここはこの手帳の方法、とかそういう感じで組み合わせるのも楽しいと思います。目的が何なのかを心にとめておいて、その目的が達成できていれば大丈夫!100%同じでなくても大丈夫なんです!もし合わなかったら「引き出しが増えた~」と考えて、また次の手帳術にチャレンジしましょう♪それが蓄積されることで、自分だけの手帳術が出来上がっていくはずです!最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

 

【雑談】怒っている人について思う事

こんにちは、かなゆです。

 

怒っている人たちを見ると、いま心が嵐なんだなあと思います。

嵐の中に一人でいて、こちらのいう事も聞こえない。自分の心が起こした心の嵐に、自分自身も巻き込まれているんだなって。嵐になる前なら、議論も出来ますが、嵐になったら批判的なことをいうのは無駄です。嵐はどんどん大きくなっていきます。そして、話している自分すら巻き込まれる大きな嵐へと発展していきます。

なので、嵐になってしまったら、私も嵐を静める側に回ります。

 

『心の嵐』の合図

 

例えば、夫の合図は「誰が食わしてやってるんだ」です。この言葉が出たときはもう言い返す言葉がないんだな、今日は勝ちに行くつもりなんだな、と思います。もちろん合図は一人ひとり違うのですが、返した言葉の辻褄が合わなかったり、批判を一切受け取らなくなっているならそれが合図です。

 

『心の嵐』の静め方

 

まず批判的なことをいうのはやめます。そして、勝ちをあっさり譲ります。欲しい言葉を言ってあげます。「そうだね、あなたのおかげだね」など。そうすると、嵐はだんだん静まっていきます。

 

もちろん、自分がその立場になる時もあります。私もスイッチが入る言葉があり(いわゆるトラウマ的な言葉ですが)、これを言われたらいきなり最高潮まで怒りが上がって、私も負けられなくなる言葉があります。(後になって冷静にみれば、これは言葉に支配されているということで、全く勝ちではないんですけどね。)

 

誰しも譲れない時はありますが、それはそれでいいと思っています。でも、譲れるときは譲ってあげる。そして、一緒にいる自分が嵐に巻き込まれないように冷静でいることも相手のためになります。

 

 

 

SNSを見てると、いろいろな人の考え方が簡単に見えるので、なんだか不思議な世界だなって思います。人の感情にはとてもパワーがあるので、自分が弱っているときにはそこに引っ張られてしまうこともあります。

 

 

【雑談】日常エッセイはハードルが高い? 

こんにちは、かなゆです。

 

突然ですが、私は好きな人の雑談、エッセイが好きです。

しかし、いざ自分が書くとなると…ハードルが高いような気がしました。

 

同人誌などは何回も自分で読み返したもの、つまりある程度煮詰まったものを出しているわけで、なんとなくさらっと書いたものって自分が出てしまうのじゃないかな…という恐怖なのかもしれません。

 

作品は、日常に近いものほど難しくなるような気がします。

例えるなら、『化粧してないように見えるナチュラルなメイク』ですね。しっかり化粧はしてるんだけど、他人には化粧をしてないように見える、みたいな感じです。

 

まあそれは言い換えれば素の自分に自信がない、ということなんでしょうけども。でも、やってみたい!と心の奥底で思っていることに気づいたのなら、やはりチャレンジするべきなのかなって思います。

【雑談】出来ないことってほんとうは…

こどもが小学1年生になり、

宿題が出るので一緒にやることがあります。

 

ひらがなや音読など、

まあ私からみたらかんたんなことばかりなのですが、

こども本人は「できない…」と何時間もかかって

やることも。

 

こちらとしては

考えて出来ることではなく

ほぼ暗記なので

やればできることなのでは?と

思ってしまうのですが。

 

・「やればできる」と実感できない

・そもそもやり方が分からない

 

から、モチベーションが上がらず、

なかなか進めないことがあります。

 

なんか、自分にも出来ない事の中に

そういうことがあるのかもしれないなあと

ふと思いました。

 

子供との関わりで学ぶことは

多いです。

 

【雑談】人の発言は「自分が言いたいこと」

人の言ってることは9割以上

「自分が言いたいこと」な

気がします。

 

なので、私の言っている事を

正しいと思うのではなく、

「それを読んで自分はどう思ったのか」を

大切にしてほしいです。

 

人の言ってることはその人の考えであり、

「絶対」ではないですよ。

むしろ、自分がそれを決める権利が

あります。

 

それを忘れないで、他者の強い言葉に出会ったときも

心の嵐に巻き込まれないようにして欲しいです。

【雑談】自信と自我

最近怒りの原因は

自信のなさと自我の強さが

原因なことが多いんじゃないかなーって

考えています。

 

自信と自我って似てるように見えるんですが、

実は全然違うんですよね。

 

私も自信がないくせに、自我が強すぎるから

いろいろと迷走したりしてます。

 

自信があれば人のことは気にならないと思うのですが、

自我が強い人は他者のことが気になってしょうがないような気がします。

 

もちろん怒りや嫉妬が行動につながることも

あるので一概に悪いこととは言えません。

 

しかし、心の嵐を少なくしていくことが

私の目標でもありますかね。

 

 

欲求には段階がある

前回承認欲求を満たすことを最初のゴールにした方が早いのか?っていう話をしたのですが、今回は欲求には段階があるという話です。ちなみにですが、有名なマズローの欲求5段階が下図になります。

下から3段の①生理的欲求、②安全欲求、③社会的欲求までが外的な欲求(低次な欲求)、④承認(尊敬)欲求、⑤自己実現の欲求は内的な欲求(高次な欲求)と言われています。

 

承認欲求は低い目標ではない

 

こうやってみると、承認欲求を求めることは高いレベルにいる、ということなんですね。決して低い目標ではありません。私自身、理想としてはおそらく自己実現を目指していたのですが、まだまだ承認欲求はありますね~。段階を踏んでいった方が近道なのか…ハンドルを切り替えた方がよいのか…考えてみたいと思います!

 

 

【雑談】承認欲求

ここ最近の私の思っていることは、承認欲求がキーなのかもなということ。ある程度承認欲求が満たされると、人は変わっていくような気がします。

 

私の旦那も昇進してからなぜか人が変わりましたし(給料は同じ)、SNSでもフォロワーが増えてくると、愚痴が少なっていくような方も多いです(あくまで体感ですが)。何かしら自分が人から認められると、自信がついて、変わっていくような気がします。

 

人に認められないと自分の事を認められないのかと言えば、そんなこともないとは思います。結局は思い込みなので。しかし、承認欲求が満たされないまま自分を大切にする、という事が意外と難しいのかも?と最近は考えています。本当は、他人に認めてもらえなくても自分が自分を認めていれば無敵なのですが…。

<雑談>行動力のある人と会って

こんにちは、かなゆと申します。今回は『行動力』についてです。以前から「この方の行動力ってすごいな」と注目している方がいて、「その行動力の源って何なんだろう?」とずっと不思議に思っていました。

直接お伺いする機会があったので、「どうしてそんなに行動力があるんですか?」と聞いたら「月3つまでと決めている」と言われて…正直戸惑いました。

いやいや1つもできない者がいるんですよという…ここに。…ショック!

話を戻すと。個人的には①やりたいことがあって⇒②それをやるかどうか決める、という流れな気がしますが、その方は『最初に月3つまで自分の楽しむ予定を入れると決めてしまう』とのこと。

行動できる人は自分とはゴールが違っていた

つまり、ゴール設定が全く違うわけですよね。私だったら楽しむイベントがなかったらなかったで過ぎてしまうわけですが、「3つまで」と決める事で、「今月は1つもないな~」と、『楽しむことを自分から探す』行動につながっていくわけですよね。だから行動力も自然とUPするんだな、と腑に落ちました。

これを自分なりに取り組むとしたら、3つでなくても、「自分が楽しむイベントを毎月1つは手帳に書き入れる」など、始めは自分が続けやすい形で取り入れればよいと思います。「目標達成のために毎月1つタスクをこなす」とか目標系にも応用が効く考え方ですよね。

このように、すごい人たちって自分とは全く違う考え方をしているってことが多いような気がします。考え方をマネしてみると、もっと自分が楽に行動できるのかもしれませんね~。私も早速やってみようと思います。